ジャーマンアイリス ロゼッタワイン春の桜
スイセン紫のチューリップ

白いクレマチス白モクレンの花
紫花ナデシコ春の菜の花畑

ヒュウガミズキ 素朴な黄色い小花(イヨミズキ)

◆ヒュウガミズキ(日向水木)

小さな鐘を吊り下げたような黄色い花穂!

     落ち着いた黄色花です!
               植物図鑑ネット


---↓クリックで画像が拡大↓ ---
黄色い花穂をたれ下げるヒュウガミズキ細い枝のヒュウガミズキ
落ち着いた黄色い小花ヒュウガミズキ
(2007/3 自宅の庭にて撮影)

●ヒュウガミズキ(日向水木)●

◆科名  :マンサク科
◆園芸分類:落葉低木
◆原産地 :日本
◆花期  :3〜4月
◆植え時 :2〜3月

別名で(伊予)イヨミズキとも呼ぶ。
近縁種のトサミズキより、枝が細く、花も樹形も小ぶりである。
樹高は2〜3mで、枝は折れそうなくらい細く多数分枝してい
る。花は目立たない黄色で、小さな鐘を吊り下げたように下
に花穂を垂れる。
本州(中部以西)〜近畿、石川県、四国に分布する。
   
●ヒュウガミズキの育て方(栽培方法)●

◆植える場所
2〜3月に購入し日当たりの良い場所に
植える。
半日陰でも育つが、花つきが悪くなる。
耐寒性があり、北海道南部までは栽培
可能。

◆水やり
土の表面が極端に乾燥したら、たっぷり
与える。

◆肥料
特に必要ないが、やせ地の場合は、1〜2
月に、油粕や発行牛糞を土に混ぜてやる。

◆剪定
自然な株立ちになるようにする。
枯枝や花つきの悪い古い枝は元から取り除く。
伸びすぎた枝は、途中の小枝のあるところまで
切り戻す。


わーい(嬉しい顔)サイト管理人Green Manのひとことわーい(嬉しい顔)
 

ヒュウガミズキは目立たない
淡い黄色の花を咲かせるので、一見花が咲いてい
るのにきずかないこともあります。

しかし、近くで見ると小さな鐘のようなかわいい
花穂が細い枝にしがみついているような姿は、
とてもけなげです。(^v^)

ヒュウガミズキの花は目立った
花ではありませんが、素朴で見ているこちらが落
ち着けるような花です。



PR:
美味しいロールケーキ

豪華な花

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。