ジャーマンアイリス ロゼッタワイン春の桜
スイセン紫のチューリップ

白いクレマチス白モクレンの花
紫花ナデシコ春の菜の花畑

ササ(笹) 和風庭園に最適 涼しい雰囲気のグラウンドカバー

◆ササ 和風庭園のグラウンドカバーに 笹
                         植物図鑑ネット


---↓クリックで画像が拡大↓ ---
sasa01.jpg
山によく生えている背丈に高いタイプの
(近所の公園にて2007/3撮影)
minisasa02.jpgminisasa01.jpg
グラウンドカバーに最適な背丈が20cm以下のタイプの
(近所の公園にて2007/3撮影)

●ササ(笹)●

◆科名  :イネ科
◆園芸分類:耐寒性球根
◆原産地 :日本、アジア東部
◆鑑賞時期:周年(葉を鑑賞)
◆植え時 :3〜4月、10月〜11月

ササは、タケに似た小型の植物である。高さ
1mくらいまでになりますが、大きさは様々
なものがある。
主に以下の植物となる。
・ササ属
・メダケ属
・アズマザサ属
・ヤダケ属

●ササ(笹)の育て方(栽培方法)●

◆植える場所
植える場所は選ばない。植える間隔は15cm〜25cm
◆水やり
植え替えた後や乾燥期にはたっぷり与える。

◆肥料
肥料不足になると見苦しくなるので、冬に
寒肥を施す。

◆剪定
春先に剪定する。



わーい(嬉しい顔)サイト管理人Green Manのひとことわーい(嬉しい顔)
 
笹は一年中葉を鑑賞できるため、和風庭園の
アクセントにいいのではないでしょうか。
しかし、地下茎が横に伸びるため増えすぎに
は注意が必要です。

山に行くと、よくクマ笹を見かけ
ます。

クマ笹(クマザサ)は切り傷や皮膚病、痔などの患
部に塗る外用薬にもなるようです。

クマ笹の葉は、また以下のような効能があります。
・止血作用や骨の強化、抗菌効果、
・クロロフィルによりコレステロールや血圧を下げた
 り、解毒作用、貧血改善、整腸作用、抗炎症作用、
 抗ガン作用など
・バンフォリンによる防腐作用があり、免疫力の向上

クマ笹(クマザサ)の若葉には有効成分の効果
が高いとしてササエキス、青汁、茶葉などの商品化
がされています。

パンダは健康食品を食べているのですね。(~o~)

私は新潟の名物の笹団子は大好きです。
(^^)


| 群馬 ☀ | グラウンドカバー
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。