ジャーマンアイリス ロゼッタワイン春の桜
スイセン紫のチューリップ

白いクレマチス白モクレンの花
紫花ナデシコ春の菜の花畑

春一番の花 ウメ 梅の花 植物図鑑

◆春の到来をしらせてくれる梅の花   
                     植物図鑑ネット


---↓クリックで画像が拡大↓---
春を知らせる梅の花白い梅の花
白い梅の花(野梅系)(2007/03 近所の梅畑で撮影)
---↓クリックで画像が拡大↓---
梅の香りが春の訪れを教えてくれるピンク色の梅の花
ピンクの梅の花(野梅系)

●ウメ●

◆科名  :バラ科
◆園芸分類:落葉低木
◆原産地 :中国
◆花期  :2〜3月
◆植え時 :12月〜2月

日本には古い時代に薬用として入ってきたよう
です。鑑賞花として「万葉集」のなかでいちば
ん多く登場する花木です。

ウメは大きく以下の三系統に分かれます。
野梅系
豊後系
緋梅系

詳しい種類としては
白花:「緑萼(リョクガク)」「米良」
桃花:「見驚」「道知辺」「未開紅」「唐梅」
   「佐橋紅」
紅花:「鹿児島紅」「大盃」
赤と白の2種類の花が咲く
  :「思いの儘」「春日野」
寒中咲き:「冬至」
実の収穫用:「白加賀」甲州小梅」

---↓クリックで画像が拡大↓---
akaume02.jpgakaume01.jpg
緋紅系の赤花の梅(2006/3/13近所の公園で撮影)

ウメは樹齢数百年の古木が各地にあるほど
の丈夫な花木です。

●梅の育て方(栽培方法)●

◆植える場所
日当たりと水はけのよい場所、寒暖には強い
鉢植えの場合は、開花中だけ室内に置く

◆水やり
庭植え:極度に乾燥した場合以外必要なし
鉢植え:冬の休眠期に鉢土の表面が乾けば与
    える。7月の花芽分化期には新芽の
    枝先がうつむき加減になるくらいま
    で水やりを控える。

◆肥料
花後の4月、夏の8月、寒中の1〜2月に
与える
庭植え:1本あたり油かすの場合50g、大粒
    の化成肥料の場合30粒
鉢植え:6号鉢当たり油かすの場合10g、大
    粒の化成肥料の場合5〜6粒を置肥

◆病害虫
ウメケムシ、カイガラムシ、アブラムシ、
こうやく病、かいよう病、うどんこ病
こまめに殺虫剤や殺菌剤を散布して防除

◆剪定
梅の花の咲き終わる3月下旬から4月上旬
が剪定適期
前年の枝の基部に2〜3芽を残して短く各
枝を切ります。
確実に芽を残すには、新芽が1cmほどに伸
びてから剪定する。

◆殖やし方
1〜2月に梅の実生2年生台木に切り接ぎ
をして殖やすのが一般的
いくつかの品種を1本の木に接ぐことも可能
挿し木もできますが、発根率は低く難しい。
梅雨期にその年伸びた枝の先端を切り、切
り口に発根促進剤をつけ土に挿す。



わーい(嬉しい顔)サイト管理人Green Manのひとことわーい(嬉しい顔)
 
春の訪れを知らせてくれる花といったら梅の花
ではないでしょうか。

あの白い花とともにただよってくる梅の甘い香
は春のにおいといってもよいのではないでし
ょうか。(^_^)

今年は地球温暖化の影響梅の花が咲くのが早
かったようです。

こちら関東北部では、2月の10日前には花を
咲かせ始めていた梅の木もありました。

撮影した梅畑梅ノ木梅の実を採る
ためのものなので、低い位置で枝分けされ横に
広く仕立ててあります。↓こんな感じです。
---↓クリックで画像が拡大↓---
低い位置で枝分けされ横に広い梅の枝
(2007/03 近所の梅畑で撮影)
このように低く枝が横に広いと梅の実を採りや
すいんですね。

梅の実の採取も大変ですが、害虫対策や上
に伸びた枝の剪定等手間がかかるようです。
このような手間をかけないと花を咲かせてくれ
ないんですね。

私も農家の梅の実採りのアルバイトをしたこと
がありますが、全て手作業で採るので大変な重
労働なんです。

梅の花を多く咲かせるためには、肥料をを少な
く与えるなどと聞いた事があります。
それは、梅が栄養分が少ないので子孫を繁栄さ
せようと、花を多く咲かせようとするからだ
そうです。

よく梅畑梅の木の株元に堆肥がまいてあるの
を見かけますが、肥料を多く与えた方が花が多
く咲くような気もしますが・・・・
よく分かりません(~_~;)

群馬の梅の名所としては、安中市の秋間梅林
高崎市の箕郷梅林榛名梅林があります。
それぞれで3月頃に梅まつりを開催していま
す。
山一面に咲く梅景色はとてもきれいです。
\(~o~)/

---↓クリックで画像が拡大↓---
harunaume01.jpgharunaume02.jpg
榛名の梅畑     榛名の梅林(2003/3/11撮影)


PR:
新生活の準備ネット通販:新入学、転勤、結婚等による新生活の準備に役立つ通販紹介
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。