ジャーマンアイリス ロゼッタワイン春の桜
スイセン紫のチューリップ

白いクレマチス白モクレンの花
紫花ナデシコ春の菜の花畑

ユキヤナギ 純白の雪のような花!雪柳

◆ユキヤナギ(雪柳)

春に見られる雪の花!

     純白の花がきれいです!
               植物図鑑ネット


---↓クリックで画像が拡大↓ ---
きれいな純白花ユキヤナギ美しい雪柳の花
まさに純白の雪が枝に積もったようです(^^)
(2007/3下旬 近所の公園で撮影)

●ユキヤナギ(雪柳)●

別名:コゴメバナ、コゴメザクラ



◆科名  :バラ科
◆園芸分類:落葉低木
◆原産地 :日本(関東以西)、中国
◆花期  :2〜4月
◆植え時 :10〜12月、2〜3月


ユキヤナギは純白の小さい花が密集
して垂れた枝に咲きます。
---↓クリックで画像が拡大↓ ---
密集して咲くユキヤナギの花
西日本の山野に自生する。
生垣にも利用される。

●ユキヤナギの育て方(栽培方法)●

◆植える場所
日当たりがよく有機質豊かな乾きぎみ
の土地を好む。

◆水やり
庭植えの場合は、極端に乾燥した場合
以外は必要ない。

◆肥料
1〜2月と花後に大粒の緩行性化成肥料を
20粒ほど施す。

◆花後の管理
花が終わって直ぐに枝を剪定する。直ぐに
新芽が出てきて、来年も花を咲かせる。

遅い時期に剪定すると翌年に花が少なく
なるので注意したい。
◆殖やし方
移植の際に株分けする方法と挿し木で殖や
す方法がある。挿し木をしても容易に根が
つく。


わーい(嬉しい顔)サイト管理人Green Manのひとことわーい(嬉しい顔) 

ユキヤナギの純白の小さな花が枝についている
繊細な美しさには見とれてしまいます。(^^)

我が家にもユキヤナギがあるのですが、
ちょっと遅れて剪定すると花が少ししか咲
かない時があります。
やっぱり花の終った後、直ぐの時期に剪定が
必要なようです。

枝切りにより好きな形を整えることもできます。

剪定のときに、切った細い枝を挿し木にして
置くと、自然に根が付いて翌年に花を咲かせ
ます。
昨年に畑に挿しておいたものは、今年の春に
このように花を咲かせました。↓↓↓
---↓クリックで画像が拡大↓ ---
挿し木をしたユキヤナギ
昨年に挿し木をしたもの。春に花が
咲きました\(~o~)/

(2007/3 自宅にて撮影)

ユキヤナギは挿し木をして、庭に移植しても
直ぐに大きく育ちます!

●ユキヤナギの挿し木の仕方●
枝を30cm位に切り、その枝をそのまま挿す。
・梅雨先に切った枝を、ビニールポットに赤玉土
 を入れて挿す。挿した後は枝が抜けないように
 土を押さえておく。しばらく水切れしないよう
 にする。
・梅雨時であれば、半日陰の地面に挿しておいて
 も根がついて翌年に花を咲かせます。
・梅雨時に地面にビニールマルチを張り(地面の
 保水性を保つため)その上から切った枝を
 挿して放っておく。
※地面に挿すときはなるべく深めに挿しておく。
 枝が細いので挿すときに折れないように
 注意する。
以上のようにユキヤナギは挿し木が容易
にでき、翌年には花を咲かせます。





観光地の住み込みバイト求人!

観光地のバイトは住み込みだから寮、食事つきでお金が貯まる!



マサキ(柾) 新緑がきれい (ベッコウマサキ)

◆マサキ(柾)

生垣に使われる!

     新緑の葉はきれいです!
               植物図鑑ネット


---↓クリックで画像が拡大↓ ---
新緑が美しいベッコウマサキ春を感じさせる鮮やかな葉色ベッコウマサキ
毎年春に鮮やかな若葉を見せるベッコウマサキ
(2007/3 自宅の庭で撮影)

●マサキ(柾)●別名:ハマツバキ

◆科名  :ニシキギ科
◆園芸分類:常緑低木
◆原産地 :日本、中国、朝鮮半島
◆花期  :5〜6月
◆植え時 :3〜4月、6〜7月、
      9〜10月

マサキは刈り込みに強く、密生するので生け垣
や植えこみによく使われる。

葉は厚くつやがある。基本種は葉が緑色だが、
以下のような種類もある。

・キンマサキ:新芽が黄色い
・ベッコウマサキ:上の写真のようにクリーム
         色の斑入り
・ヒバリマサキ:小さい、鉢物

花は小さく黄緑色でほとんど目立たない
ため、観賞には向かない。

●マサキの育て方(栽培方法)●

◆植える場所
日当たりがよい場所から半日陰の場所に
植える。土壌は選ばない。
潮風の吹く海の近くでも育つ。

◆水やり
庭植の場合は与える必要はない。

◆殖やし方
梅雨時に挿し木をすると簡単に増やせる。
(赤玉土や庭土に挿し木をし日陰で管理)

◆病害虫
うどん粉病にかかりやすい。予防には風通し
をよくする。
春先に、ユウマダラエダシャクやミノウスバ
の幼虫が葉を食い荒らすので、葉が食べられ
ないうちに捕殺する。



わーい(嬉しい顔)サイト管理人Green Manのひとことわーい(嬉しい顔)

---↓クリックで画像が拡大↓ ---
masaki06.jpg
(2006/3 自宅の庭で撮影)  
我が家では、毎年春にベッコウマサキが鮮やかな
若葉を見せてくれます。
この春の時期の若葉が一番きれいです。

しかし、この春に毎年のようにミノウスバの幼虫
が大量に発生し、木を揺らして捕殺します。

---↓クリックで画像が拡大↓ ---
masakigaicyuu.jpg
まだ小さいミノウスバの幼虫 放っておくと
葉を食べてどんどん大きくなります

(2006/3 自宅の庭で撮影)

放っておくと、若葉がほとんど全滅します。(>_<)
早めの退治が必要です。

マサキは挿し木が容易にできるので、前に何度か
苗木を殖やしました。上の写真の木も挿し木を
したものです。

皆さんも機会があったらマサキの挿し木に挑戦し
てみてはいかがでしょか。

---↓クリックで画像が拡大↓ ---
masaki05.jpgmasaki09.jpg
緑葉のマサキも春は鮮やかな新緑です。
うどん粉病には気をつけたいものです。
(2006/4 散歩中の道端で撮影)



ゴールデンウィークは高校生可の短期バイト!

GWは高校生可の短期バイトを探したい!



シバザクラ 一面に咲いた花がすばらしい! 芝桜

◆シバザクラ(芝桜)

春の地面を彩る明るい花!

     一面に咲いたシバザクラの花は圧巻です!
               植物図鑑ネット


---↓クリックで画像が拡大↓ ---
ピンクの花のシバザクラ
春の地面を彩るピンクのシバザクラ
(2007/3 散歩中に撮影)

●シバザクラ(芝桜)●別名:ハナツメクサ

◆科名  :ハナシノブ科
◆園芸分類:匍匐性多年草
◆原産地 :北米
◆花期  :4〜5月
◆植え時 :3〜4月、9〜10月

芝のように地面をはい、桜のような花を咲かせるので
シバザクラの名がついたようです。

細かい葉が地面をはい高さは10cmくらい。
常緑の多年草で、毎年花を咲かせ増殖する。

花色は、白、ピンク、淡いピンク、白筋入り
などがある。

地面一面に花が密集してさいた様子は、まるで
花のじゅうたんを敷いたようです。

石垣などの上に植えると垂れ下がり、まるで
花の滝のようになります。

---↓クリックで画像が拡大↓ ---
sibazakura02.jpg
石垣の植えに生える純白のシバザクラ
(2006/4 散歩中に撮影)

病害虫の心配もほとんどなく、耐寒性にすぐれ
土質を選ばず乾燥に強いので、育てやすい植物
です。
   
●シバザクラの育て方(栽培方法)●

◆植える場所
日当たりがよく水はけのよう場所に
植える。
植え付け時には赤玉土やピートモス
を土に混ぜて植える。

◆水やり
植え付け時や乾燥期にはたっぷり与える。

◆肥料
植えつけるときに、元肥料が必要。
また、春には緩行性化成肥料を施す。

◆殖やし方
挿し木や株分けにより殖やす。

◆花後の管理
梅雨時にむれて枯れることがある。
新芽が伸びたら刈り込みをし、風通しを
よくする。



わーい(嬉しい顔)サイト管理人Green Manのひとことわーい(嬉しい顔)
 
一面にびっしり咲いたシバザクラの花はとても
華やかです。(^^)

白やピンクなど複数の色のシバザクラの花が地面
を覆っている様子は見ごたえがあります。

群馬には、梅の産地で知られている高崎
市箕郷地区にシバザクラ公園があります。
毎年、4月〜5月にかけて丘一面に見事に
シバザクラが咲きます。
お近くの方は、一度見に行ってはいかがで
しょうか。

**************************
大学生の春休みはバイト:春休みは大学生はバイト三昧!
**************************

ヒュウガミズキ 素朴な黄色い小花(イヨミズキ)

◆ヒュウガミズキ(日向水木)

小さな鐘を吊り下げたような黄色い花穂!

     落ち着いた黄色花です!
               植物図鑑ネット


---↓クリックで画像が拡大↓ ---
黄色い花穂をたれ下げるヒュウガミズキ細い枝のヒュウガミズキ
落ち着いた黄色い小花ヒュウガミズキ
(2007/3 自宅の庭にて撮影)

●ヒュウガミズキ(日向水木)●

◆科名  :マンサク科
◆園芸分類:落葉低木
◆原産地 :日本
◆花期  :3〜4月
◆植え時 :2〜3月

別名で(伊予)イヨミズキとも呼ぶ。
近縁種のトサミズキより、枝が細く、花も樹形も小ぶりである。
樹高は2〜3mで、枝は折れそうなくらい細く多数分枝してい
る。花は目立たない黄色で、小さな鐘を吊り下げたように下
に花穂を垂れる。
本州(中部以西)〜近畿、石川県、四国に分布する。
   
●ヒュウガミズキの育て方(栽培方法)●

◆植える場所
2〜3月に購入し日当たりの良い場所に
植える。
半日陰でも育つが、花つきが悪くなる。
耐寒性があり、北海道南部までは栽培
可能。

◆水やり
土の表面が極端に乾燥したら、たっぷり
与える。

◆肥料
特に必要ないが、やせ地の場合は、1〜2
月に、油粕や発行牛糞を土に混ぜてやる。

◆剪定
自然な株立ちになるようにする。
枯枝や花つきの悪い古い枝は元から取り除く。
伸びすぎた枝は、途中の小枝のあるところまで
切り戻す。


わーい(嬉しい顔)サイト管理人Green Manのひとことわーい(嬉しい顔)
 

ヒュウガミズキは目立たない
淡い黄色の花を咲かせるので、一見花が咲いてい
るのにきずかないこともあります。

しかし、近くで見ると小さな鐘のようなかわいい
花穂が細い枝にしがみついているような姿は、
とてもけなげです。(^v^)

ヒュウガミズキの花は目立った
花ではありませんが、素朴で見ているこちらが落
ち着けるような花です。



PR:
美味しいロールケーキ

豪華な花

ヒアシンス ボリューム感のある春の花

◆ヒアシンス 水栽培もできる便利な球根
 
ちょっと濃い香り花 ヒアシンス

                         植物図鑑ネット


---↓クリックで画像が拡大↓ ---
hiyasinsu02.jpg紫花のヒアシンス
紫花のヒアシンス(マリー)(2007/3 自宅の花壇で撮影)

●ヒアシンス●

◆科名  :ユリ科
◆園芸分類:耐寒性球根
◆原産地 :ギリシア、シリア、トルコ
◆花期  :3〜4月
◆植え時 :10月〜11月

甘い香りにボルームのある花を咲かせる。
水栽培も容易で、室内で早い春を楽しめる。
花色は、黄、白、紫、青、赤、ピンクなど
がある。

●ヒアシンス の育て方(栽培方法)●

◆植える場所
鉢植え:
6号鉢に2〜3球、球根の先が出る
くらいに浅く植える。水はけのよい
土を好むので、培養度に川砂を混ぜ
た土に植える。植えた後は1ヶ月ほ
ど凍らない程度の寒さにあわせ、日
当たりのよい場所におく
花壇植え:
日当たりがよく、水はけのよい場所
に植える。
水栽培(室内):
11月に水栽培用の容器に入れ、球
根の底がわずかに浸る程度に水を入
れる。
日陰の涼しい所に置き、根が伸びて
きたら水を減らし、暖かな窓辺に
おく。(水かえは10日に1回)
◆水やり
土が乾いたらたっぷり与える。

◆肥料
新芽が伸びてきたら、千倍に薄めた
液体肥料を、月に1〜2回与える。

◆花後の管理
花が終ったら種がつかないように花柄
を取る。
葉が黄色くなったら球根を堀りあげ
乾燥貯蔵する。

◆球根購入のポイント
できるだけ大きい球根を選ぶ。
球根の締りがよく、発根部分にキズが
ついていないもの。
◆栽培方法
花壇に植えたままにしても、翌年に花を咲かせる。
しかし、球根が混み合ってきたら植え替えた方が
よい。



わーい(嬉しい顔)サイト管理人Green Manのひとことわーい(嬉しい顔)
 
ヒアシンスの花は、肉厚で
立体感があります。
何だかお菓子のようにも見えます。(^v^)
香りはちょっと濃いような甘い香りがします。

ヒアシンスのカラフルでボリューム感のある
花を見ると、「春がきたんだな〜」と感じま
す。

数年前に、紫花のヒアシンスの神秘的な色合いに
魅せられて、思わず購入し花壇に植えました。
(上の写真のもの)
最近肥料を与えていなかったので、薄めた
液肥を与えなければ・・・・・・

---↓クリックで画像が拡大↓ ---
ピンクのヒアシンス
ピンク花のヒアシンス(2007/3 自宅の花壇で撮影)


クリスマスの旅行は、こちらで探せます!

キンレンカ 鮮やかな花色です! 花期が長い

◆キンレンカ

春夏秋と長い間花が咲く!

     面白い葉の形に鮮明な花色が目立ちます!
               植物図鑑ネット


---↓クリックで画像が拡大↓ ---
オレンジ花のキンレンカ南米のラテン系の雰囲気があるキンレンカ
オレンジ花のキンレンカ
(2007/3 購入してきた苗を撮影)
黄色い花のキンレンカ
鮮やかな黄色花のキンレンカ
(2007/3 購入してきた苗を撮影)

●キンレンカ●

◆科名  :ノウゼンハレン科
◆園芸分類:非耐寒性1年草
◆原産地 :南米
◆花期  :3〜10月
◆植え時 :4〜5月

鑑賞用のほか、ハーブやエディブルフラワー
(食用化)
にもなる。
ユニークな草姿や鮮やかな緑葉と花の
コントラストが見ごたえがある。
明るい窓辺がよく似合う。
ハンギングポットやコンテナの寄植え
で、垂れ下がる姿も魅力的です。

冬季でも最低2℃位あれば、室内で
生育できる。
   
●キンレンカの育て方(栽培方法)●

◆植える場所
冷涼な気候を好む。(12〜23℃)
日光を好みますが、真夏に終日炎天下にある
ような場所はよくない。

◆水やり
鉢土の表面が乾いたら与える。
多すぎると草姿が乱れやすくなる。

◆肥料
窒素肥料が効きすぎると葉は育つが花が
咲きにくくなるので注意。
千倍に薄めた液体肥料を月に1〜2回施す。

◆購入のポイント
枝分かれが多く、葉が小さくてしっかり
しているもの、下葉に黄ばみがないもの
を選ぶ。



わーい(嬉しい顔)サイト管理人Green Manのひとことわーい(嬉しい顔)
 
キンレンカ南米の花だったんですね。

赤やオレンジや黄色の花色が鮮明で、明る
い雰囲気にさせてくれます。まさにラテン
系の花
です。

上に開くような形の葉を鑑賞しても面白い
のではないでしょうか。

キンレンカは春から秋まで花が咲くので、
庭に1つ欲しい花です。






夜間のバイト

全国の夜間バイトを探すことができる♪あなたに合ったバイトが見つかるはず!


菜の花(ナノハナ) 春の畑を彩る花

◆菜の花(ナノハナ)

食べておいしく、花を鑑賞してもよし!

     蜂やモンシロチョウもよろこぶ花
               植物図鑑ネット


---↓クリックで画像が拡大↓ ---
春を彩る菜の花
蜂や蝶も集まる春らしい菜の花
(2005/4 家庭菜園の畑にて撮影)
食べごろの菜の花
花が咲きそうなこんな時が食べごろ
(2007/3上旬 家庭菜園中の畑で撮影)

●菜の花(ナノハナ)●

◆科名  :アブラナ科
◆園芸分類:耐寒性1年草
◆原産地 :ヨーロッパ
◆花期  :12〜5月
◆まき時 :9月中旬〜12月中旬

寒さに大変強い。
9月中旬に種をまけと暖かい地域では
12月から花を咲かせる。寒い地域では
3月から咲き始める。
別名でハナナ、ナバナとも呼ぶ。
畑で大量に育てると、花の時期に鑑賞を
楽しめる。
   
●菜の花の育て方(栽培方法)●

◆植える場所
水はけのよい場所に植える。
元肥として1uに苦土石灰200〜300gと
リン酸とカリ分の多い緩行性肥料を200g
を土に混ぜて、タネをばらまいてから
薄く土をかぶせる。
本葉2〜3枚に育ったら、間引いて株間
5cmにする。

◆水やり
露地植えの場合は、必要ありませんが、
冬に極端に乾燥する場合は、生育が悪
くなるので与える。

◆肥料
追肥の必要は特に必要なし。

◆花後の管理
実が色づいたら乾燥させ、タネを採る。
タネは紙袋に入れ涼しい場所で保管する。



わーい(嬉しい顔)サイト管理人Green Manのひとことわーい(嬉しい顔)
 
黄色い菜の花を見ると「春だな〜」と感じます。
春の代表的な花といってもいいでしょう。

菜の花を見るには、やっぱり広大な菜の花畑が
最高です。

あの黄色と緑の風景を見ていると、のんびりと
した気持ちになります。

春を呼ぶ菜の花には、蜂やモンシロチョウなど
が花の蜜を吸いにやってきます。
このような姿を観察するのもおもしろいことで
す。

私は家庭菜園で菜の花も作っていますが、新葉
をつんで、おひたしや和え物にしてよく食べま
す。

---↓クリックで画像が拡大↓ ---
菜の花のおひたし
春の食卓にかかせないナバナのおひたし
(2007/3 我が家の食卓にて撮影)

この春の野菜を食べていると体が健康になる気
がします。(^^)

菜の花は一度栽培すると、花を咲かせれば自然
にタネが飛んで、秋に自然にタネが発芽して、
春までに大きく育ちます。

毎年タネを買わなくても、花の後の種を取って
おいて秋にまいても立派に育ちます。
大変手軽に育てられるお勧めの野菜です。

ナノハナとアブラナの違いが解らなかったので
すが、ネットで検索したら、同じもののようで
すね。

---↓クリックで画像が拡大↓ ---
菜の花畑
一面に黄色い花を咲かせた菜の花畑
(2007/3 近所の菜の花畑にて撮影)

---↓クリックで画像が拡大↓ ---
広大な菜の花畑画像春の菜の花畑の写真
(2007/4/4 近所の広大な菜の花畑にて撮影)

ハナニラ 星形の花 スプリング・スターフラワー

◆ハナニラ

早春に小さな星型の花を咲かせる!

     別名スプリング・スターフラワー
               植物図鑑ネット


---↓クリックで画像が拡大↓ ---
ハナニラ星型の花
かわいい星型の花ハナニラ(ちょっとブルー色)
(2007/3 散歩中の道端で撮影)

●ハナニラ●

◆科名  :ユリ科
◆園芸分類:耐寒性球根
◆原産地 :メキシコからアルゼンチン
◆花期  :3〜4月
◆植え時 :9〜10月

葉の形やにおいがニラに似ているため
ハナニラと呼ばれる。
春に星形の花を次々に咲かせるため、
英名はスプリング・スターフラワーで
ある。
草丈は15cmと低いため、春の花壇のアク
セントになる。プランター植にも向く。
花色はかすかな青をおびた白である。

●ハナニラの育て方(栽培方法)●

◆植える場所
日当たりの良い場所
球根は掘り上げずそのままにしても翌年に
花が咲く。自然に分球し数も殖える。
他の秋植え球根より根を出すのが早いので
早めに植えるようにする。

◆水やり
庭植え:不要
鉢植え:土が乾いたらときどき与える。

◆肥料
植え付け時に緩行性肥料を施す以外は、特に必要
なし。

◆購入のポイント
秋に球根が出始めたら、早めに購入し植える。

◆殖やし方
植えたままでも、球根が増殖する。



わーい(嬉しい顔)サイト管理人Green Manのひとことわーい(嬉しい顔)

===============================================
http://zuwaigani-tuuhan.seesaa.net/ ・・・ズワイガニの激安通販サイトの紹介です!
===============================================

 
ハナニラの小さい星型でさわやかな色合いは、春
に似合います。

家にはハナニラがないので、今度購入し花壇の縁
に植えたいと思います。(^_^)

---↓クリックで画像が拡大↓ ---
白い花のハナニラ
白い花のハナニラ
(2007/3 散歩中の道端で撮影)

ササ(笹) 和風庭園に最適 涼しい雰囲気のグラウンドカバー

◆ササ 和風庭園のグラウンドカバーに 笹
                         植物図鑑ネット


---↓クリックで画像が拡大↓ ---
sasa01.jpg
山によく生えている背丈に高いタイプの
(近所の公園にて2007/3撮影)
minisasa02.jpgminisasa01.jpg
グラウンドカバーに最適な背丈が20cm以下のタイプの
(近所の公園にて2007/3撮影)

●ササ(笹)●

◆科名  :イネ科
◆園芸分類:耐寒性球根
◆原産地 :日本、アジア東部
◆鑑賞時期:周年(葉を鑑賞)
◆植え時 :3〜4月、10月〜11月

ササは、タケに似た小型の植物である。高さ
1mくらいまでになりますが、大きさは様々
なものがある。
主に以下の植物となる。
・ササ属
・メダケ属
・アズマザサ属
・ヤダケ属

●ササ(笹)の育て方(栽培方法)●

◆植える場所
植える場所は選ばない。植える間隔は15cm〜25cm
◆水やり
植え替えた後や乾燥期にはたっぷり与える。

◆肥料
肥料不足になると見苦しくなるので、冬に
寒肥を施す。

◆剪定
春先に剪定する。



わーい(嬉しい顔)サイト管理人Green Manのひとことわーい(嬉しい顔)
 
笹は一年中葉を鑑賞できるため、和風庭園の
アクセントにいいのではないでしょうか。
しかし、地下茎が横に伸びるため増えすぎに
は注意が必要です。

山に行くと、よくクマ笹を見かけ
ます。

クマ笹(クマザサ)は切り傷や皮膚病、痔などの患
部に塗る外用薬にもなるようです。

クマ笹の葉は、また以下のような効能があります。
・止血作用や骨の強化、抗菌効果、
・クロロフィルによりコレステロールや血圧を下げた
 り、解毒作用、貧血改善、整腸作用、抗炎症作用、
 抗ガン作用など
・バンフォリンによる防腐作用があり、免疫力の向上

クマ笹(クマザサ)の若葉には有効成分の効果
が高いとしてササエキス、青汁、茶葉などの商品化
がされています。

パンダは健康食品を食べているのですね。(~o~)

私は新潟の名物の笹団子は大好きです。
(^^)


| 群馬 ☀ | グラウンドカバー

スイセン エレガントでスマートな春の花 水仙

◆スイセン(水仙)

エレガントでスマートな春の花
 
「心が洗われるような花です!」

                         植物図鑑ネット


---↓クリックで画像が拡大↓---
ニホンズイセン
ニホンズイセン(房咲き)(2007/3/10 自宅の花壇で撮影)
suisen02.jpgsuisen03.jpg
八重咲き水仙(2007/3/10 近所の駐車場で撮影)
minisuisen.jpg
黄色い花のミニスイセン20cm丈(2007/3/10 実家にて撮影)

●スイセン●

◆科名  :ヒガンバナ科
◆園芸分類:耐寒性球根
◆原産地 :スペイン、ポルトガル、地中海沿岸
◆花期  :12〜4月
◆植え時 :8月〜10月


チューリップとならぶ秋植え球根の代表。
花色は、黄、白のものが多いが、最近ではピンク
やオレンジの品種が出回っている。
スマートで清楚なイメージがあり、乾燥にも強く
簡単に育てられる。

スイセンの種類>花の形、咲き方で分類
・ラッパ:副花冠(ラッパ)が花弁の長さと同じ
     か、それより長い。
※副花冠・・花の中にできる花状(ラッパ状)の部分
・大杯:副花冠が花弁の長さの3分の1から同等
    のもの。
・小杯:副花冠が花弁の長さの3分の1以下のもの
・八重咲き:副花冠やおしべ、めしべが花弁化した
      もの
・トリアンドラス:房咲き。花は下向きで花弁は反
         転しているもの。
・シクラミネウス:葉と花が細長く、花弁は反転し
         ているもの。
・ジョンキル:キズイセンが改良せれたもの。葉は
       細くなっている。
・房咲き:1茎に複数の花を咲かせる。
・口紅:副花冠は小さく円盤状で、縁が紅色。
・野生種:野生種及とその自然交配種。
・バタフライ:副花冠が長さの3分の1以上裂けて
       いるもの。
その他の品種もあり。

●スイセンの育て方(栽培方法)●

◆植える場所
日当たりと水はけのよい場所が最適
(強健種は半日陰でも育つ)
開花の早い房咲きスイセンは8月、その他
の品種は9月〜10月に植えつける。

◆水やり
路地植えは、極端に乾燥しなければ不要

◆肥料
植え付け時に、1u当たり100gの緩行性
肥料を混ぜる。
球根を植えたままにする場合は、毎年
新芽が伸びる前に同量の緩行性肥料を
ばらまく。

◆花後の管理
6月頃に葉が黄色くなったら球根を堀りあげ
枯葉や土を落とします。
日陰の軒下などで乾燥させ、秋まで貯蔵する。

◆球根購入のポイント
痛みや病気のないなるべく大きい球根を選ぶ

◆栽培方法
数年植えたままですと球根が混み合ってきて
花が咲きにくくなる。3〜4年に1回は植替
えが必要です。
掘り上げた球根は、直ぐに植えてもかまわない。
花後に葉が残るが、球根が大きくなるまで(葉
が黄色くなるまで)切り取らない。

---↓クリックで画像が拡大↓---
suisen07.jpg
ちょっと変わった色合いのスイセンです。
(自宅の花壇にて2005/5/2撮影)


わーい(嬉しい顔)サイト管理人Green Manのひとことわーい(嬉しい顔)

春の球根花といえばスイセンではないで
しょうか。
チューリップより先に咲くし、どこの地区
でもよく見かけます。

真っ直ぐ姿勢よく立ち清楚な花をさかせる
スイセンの姿に、心が洗われるような気持
にさせてくれます。

スイセンもおしべとめしべの交配で種を
つくることができるようです。
でも、花が咲くまでに5〜6年かかる
ようです。

---↓クリックで画像が拡大↓---
suisen06.jpgsuisen05.jpg
ガーデンジャイアント(大杯)   ピンクのスイセン
よく見かけるスイセン
左向け左
(自宅の花壇にて2005/5撮影)

春に外に出るとスイセンの花をよく見かけ
ますが、大きさ、形、色とほんとうに様々
な種類がありますね。(^v^)
| 群馬 ☔ | 春の草花・花木

ジンチョウゲ とてもいい香りの花 沈丁花

◆ジンチョウゲの花

春を呼ぶ甘い香りが上質の香水のようです!

        沈丁花
               植物図鑑ネット


---↓クリックで画像が拡大↓ ---
ジンチョウゲ芳香な香りのジンチョウゲ
春を知らせる甘い香りのジンチョウゲの花
(2007/3/13 自宅の花壇で撮影)

●ジンチョウゲ●

◆科名  :ジンチョウゲ科
◆園芸分類:常緑低木
◆原産地 :中国
◆花期  :2〜3月
◆植え時 :6月〜7月(梅雨どき)

花が沈香と丁子の香りを併せもつので沈丁花
とも書く。
花も葉も肉厚です。
品種には以下がある。
シロバナチンチョウゲ:白一色の花
フクリンジンチョウゲ:赤白混合花
雄花と雌花が別々の株に分かれる。
日本には室町時代に雄株のみが渡来したと
いわれる。このため、ほとんどが結実しな
い。

●ジンチョウゲの育て方(栽培方法)●

◆植える場所
乾いた寒風が当たらない暖かい場所
腐葉土や堆肥など有機質の多い肥沃な
土地がよい。
水はけがよく半日陰の場所を好む

◆水やり
植えつけ後1週間は毎日与える。
それ以降は、土の表面が乾いたら
与える。

◆肥料
1〜2月と9月に、緩行性化成肥料を半握り
ずつ株元に施す。
冬は完熟堆肥や腐葉土を株元に施す。

◆剪定
5月〜6月までに風通しが悪くないように
込みすぎた枝を剪定し整理する。
丸く刈込む場合は、その年伸びた枝の2分
の1程度とする。
8月以降に刈込むと花が咲かないので注意
が必要。

◆購入のポイント
根元がしっかりしている株
葉が肉厚で光沢がある、緑色のもの
樹高50cm以下の若木

◆殖やし方
6月にその年に伸びた枝を10〜15cm
に切り、葉を3分の1に減らして、挿し
穂の基部をナイフで切り返す。
5〜6号鉢に赤玉土を入れ、2分の1を
挿し木し、水をたっぷりやる。
鉢の周囲に短い支柱を立ててビニール袋
で覆う。
直射日光の当たらない窓辺に置き、週1
回、鉢底から水を吸わせる。
2ヶ月ほどで根が出てきたらビニール
袋を取り除く。



わーい(嬉しい顔)サイト管理人Green Manのひとことわーい(嬉しい顔)
 
ジンチョウゲの花は一見目立ちはしません。
忙しいときなどは、花が咲いたのに気づかないとき
があります。

でも花の甘い香りがとてもよく、私はキンモクセイ
クチナシと並んで好きな香りの花です。(^_^)

毎年、妻がトイレにジンチョウゲの花を挿した花瓶を
置いています。

実は今年もトイレで庭にジンチョウゲが咲いているの
に気がつきました。(~_~;)

トイレにジンチョウゲの花を
置くと正に天然の芳香剤とな
ります。
ほんとにいい香り!

ジンチョウゲは挿し木が出来るようなので、今年
の梅雨にチャレンジしたいと思います!(^v^)

---↓クリックで画像が拡大↓ ---
白花のジンチョウゲ
白花のジンチョウゲ
(2007/3 散歩中の道端で撮影)




夏休み短期バイト!

夏休みはバイトがたくさん!夏休みにやりたい短期バイトを探そう!



クロッカス 全面に主張する花 植物図鑑

                   http://shortbytehigh.nekonikoban.org/
◆クロッカス いつの間にか咲いている花
 
「花が主張しています!」

                         植物図鑑ネット


---↓クリックで画像が拡大↓ ---
春に咲く紫花のクロッカス
紫花のクロッカス(2007/3/3 自宅の花壇で撮影)

●クロッカス●

◆科名  :アヤメ科
◆園芸分類:耐寒性球根
◆原産地 :小アジアから地中海沿岸
◆花期  :2〜3月
◆植え時 :10月〜11月

春咲きと秋咲き(サフランなど)がある。
花色は、黄、白、紫、縦縞模様(白紫)の
品種がある。
花壇やプランターに植えるときは、同一
品種を30〜40群植する花のボリュームが
出て引き立つ。

●クロッカスの育て方(栽培方法)●

◆植える場所
鉢植え:培養土に植え明るい室内に置く
庭植え:土質は選ばない。日当たりと水はけ
    のよい場所に10月頃に植える。
    元肥として堆肥と化成肥料を施し、
    10cm間隔で深さ5cmに球根を植える。

◆水やり
土が乾いたら与える。

◆肥料
花が終ったら全面に化成肥料ばらまいて、新
しい球根を育てる。

◆花後の管理
6月頃に葉が黄色くなったら球根を堀りあげ
枯葉や土を落とします。
日陰の軒下などで乾燥させ、秋まで貯蔵する。

◆球根購入のポイント
痛みのないなるべく大きい球根を選ぶ

◆栽培方法
土に植えつける他にヒヤシンスのような水
栽培や水ゴケ栽培で育てることができる。




わーい(嬉しい顔)サイト管理人Green Manのひとことわーい(嬉しい顔)
 
クロッカスの花はいつの間にか咲いている
感じがします。
葉が細くて目立たないために、花だけがいきなり咲いている
ような錯覚を起こします。

花はそんなに大きくないのですが、一花一花「ボクはここに
いるよ!」と主張しているようです。

写真の我が家のクロッカスは、たしか100円ショップで
買った球根を植えたものです。(^_^)

もう一つ白と紫の縦縞模様のクロッカス(ピィックウィック)
も咲いたのですが、いつの間にか花が終り撮影ができません
でした。残念!ふらふら





春一番の花 ウメ 梅の花 植物図鑑

◆春の到来をしらせてくれる梅の花   
                     植物図鑑ネット


---↓クリックで画像が拡大↓---
春を知らせる梅の花白い梅の花
白い梅の花(野梅系)(2007/03 近所の梅畑で撮影)
---↓クリックで画像が拡大↓---
梅の香りが春の訪れを教えてくれるピンク色の梅の花
ピンクの梅の花(野梅系)

●ウメ●

◆科名  :バラ科
◆園芸分類:落葉低木
◆原産地 :中国
◆花期  :2〜3月
◆植え時 :12月〜2月

日本には古い時代に薬用として入ってきたよう
です。鑑賞花として「万葉集」のなかでいちば
ん多く登場する花木です。

ウメは大きく以下の三系統に分かれます。
野梅系
豊後系
緋梅系

詳しい種類としては
白花:「緑萼(リョクガク)」「米良」
桃花:「見驚」「道知辺」「未開紅」「唐梅」
   「佐橋紅」
紅花:「鹿児島紅」「大盃」
赤と白の2種類の花が咲く
  :「思いの儘」「春日野」
寒中咲き:「冬至」
実の収穫用:「白加賀」甲州小梅」

---↓クリックで画像が拡大↓---
akaume02.jpgakaume01.jpg
緋紅系の赤花の梅(2006/3/13近所の公園で撮影)

ウメは樹齢数百年の古木が各地にあるほど
の丈夫な花木です。

●梅の育て方(栽培方法)●

◆植える場所
日当たりと水はけのよい場所、寒暖には強い
鉢植えの場合は、開花中だけ室内に置く

◆水やり
庭植え:極度に乾燥した場合以外必要なし
鉢植え:冬の休眠期に鉢土の表面が乾けば与
    える。7月の花芽分化期には新芽の
    枝先がうつむき加減になるくらいま
    で水やりを控える。

◆肥料
花後の4月、夏の8月、寒中の1〜2月に
与える
庭植え:1本あたり油かすの場合50g、大粒
    の化成肥料の場合30粒
鉢植え:6号鉢当たり油かすの場合10g、大
    粒の化成肥料の場合5〜6粒を置肥

◆病害虫
ウメケムシ、カイガラムシ、アブラムシ、
こうやく病、かいよう病、うどんこ病
こまめに殺虫剤や殺菌剤を散布して防除

◆剪定
梅の花の咲き終わる3月下旬から4月上旬
が剪定適期
前年の枝の基部に2〜3芽を残して短く各
枝を切ります。
確実に芽を残すには、新芽が1cmほどに伸
びてから剪定する。

◆殖やし方
1〜2月に梅の実生2年生台木に切り接ぎ
をして殖やすのが一般的
いくつかの品種を1本の木に接ぐことも可能
挿し木もできますが、発根率は低く難しい。
梅雨期にその年伸びた枝の先端を切り、切
り口に発根促進剤をつけ土に挿す。



わーい(嬉しい顔)サイト管理人Green Manのひとことわーい(嬉しい顔)
 
春の訪れを知らせてくれる花といったら梅の花
ではないでしょうか。

あの白い花とともにただよってくる梅の甘い香
は春のにおいといってもよいのではないでし
ょうか。(^_^)

今年は地球温暖化の影響梅の花が咲くのが早
かったようです。

こちら関東北部では、2月の10日前には花を
咲かせ始めていた梅の木もありました。

撮影した梅畑梅ノ木梅の実を採る
ためのものなので、低い位置で枝分けされ横に
広く仕立ててあります。↓こんな感じです。
---↓クリックで画像が拡大↓---
低い位置で枝分けされ横に広い梅の枝
(2007/03 近所の梅畑で撮影)
このように低く枝が横に広いと梅の実を採りや
すいんですね。

梅の実の採取も大変ですが、害虫対策や上
に伸びた枝の剪定等手間がかかるようです。
このような手間をかけないと花を咲かせてくれ
ないんですね。

私も農家の梅の実採りのアルバイトをしたこと
がありますが、全て手作業で採るので大変な重
労働なんです。

梅の花を多く咲かせるためには、肥料をを少な
く与えるなどと聞いた事があります。
それは、梅が栄養分が少ないので子孫を繁栄さ
せようと、花を多く咲かせようとするからだ
そうです。

よく梅畑梅の木の株元に堆肥がまいてあるの
を見かけますが、肥料を多く与えた方が花が多
く咲くような気もしますが・・・・
よく分かりません(~_~;)

群馬の梅の名所としては、安中市の秋間梅林
高崎市の箕郷梅林榛名梅林があります。
それぞれで3月頃に梅まつりを開催していま
す。
山一面に咲く梅景色はとてもきれいです。
\(~o~)/

---↓クリックで画像が拡大↓---
harunaume01.jpgharunaume02.jpg
榛名の梅畑     榛名の梅林(2003/3/11撮影)


PR:
新生活の準備ネット通販:新入学、転勤、結婚等による新生活の準備に役立つ通販紹介
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。